Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>利用者レポート>利用者レポート【Case:03 住宅メーカー編】
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

利用者レポート

Case 03:住宅メーカー編[東京都Tさま]
タイムスケジュール

もとの住まいの良さを引き継ぎながら最新の住宅機能を備えた住まいに

長年暮らしていた住まいを、区画整理のため立ち退かなければならなくなったTさんご一家。土地は近くに見つかったものの、ご主人は闘病中で、実質的な住まいづくりは奥様とお子さんで進めなければなりません。何から手をつければよいか途方に暮れていた時に、住宅雑誌で「住まいづくりナビセンター」のことを知り、来館されました。

外観
すっきりとした外観。屋根には太陽光発電を設置



住宅メーカーだからこそ家族みんなで一緒に住まいづくりができました

以前の住まいは、まだお子さんが小さい時にご主人の友人の工務店で建てたため、奥様やお子さんは住まいづくりにはほとんどノータッチだったそう。漠然と「次も工務店で」と考えていましたが、「大きくなった子どもたちと一緒に住まいづくりをするには、住宅メーカーがよいかもしれないと思うようになって。また、今度建てるなら環境に配慮した住まいをという思いもあり、エコに強いイメージのある住宅メーカーで検討することにしました」とTさん。

「住まいの計画書づくり」終了後、当初は自分たちで住宅メーカーを探す予定でしたが、ご主人の看病もあって、なかなか住まいづくりのための時間がとれません。家族のとりまとめ役となっていた長女のA子さんが、見かねて「住まいづくりナビセンター」に1人で来館。引き続きメーカー決定についても「パートナー選び」を利用したいと相談されました。「期限は迫ってくるのに住まいづくりが進まないことにあせっていました。母も疲れていましたし、今の私たちは、『住まいづくりナビセンター』につながっていないと住まいづくりができない、助けてくださいという気持ちでした」。A子さんの思いにTさんも動かされ、「パートナー選び」を利用して、以前から気になっていた2社からプレゼンを受けることに。

「どちらの提案も魅力的でしたが、最終的に決め手になったのは営業の方がとても親身になってくださったこと。この時主人は亡くなっていて、いよいよ自分たちだけで住まいづくりをしなければならなくなっていましたから、なんでも相談できる営業さんの存在がどれだけ心強かったかわかりません」とTさん。これまで住宅展示場などで会った営業マンの中には、あまりいい印象を持てない人もいたそうですが、「『住まいづくりナビセンター』を通して知り合った営業の方は、押しつけられる感じがなく、知識も豊富で、安心しておまかせできると思いました」。

具体的なプランニングが始まってからは、「住まいの計画書づくり」が役に立ったと、A子さんは振り返ります。「週末ごとに、母と妹と私でショールームに行って、あれこれ選んだり決めたりしていきましたが、意見が合わない時もあって。そんな時は計画書に立ち戻るんです。『この時はこういう思いで、こういう家をつくろうと考えていたんだよね』と確認したり。ケンカしそうになったら、計画書で初心に戻って乗り越えました(笑)」。そうしてできあがった住まいは、前の家の使い勝手の良さや、好きだったインテリアテイストを残しながら、太陽光発電やエネファーム、バリアフリー、二世帯住宅に変更できる間取りといった最新の住宅性能を兼ね備えた、家族みんなが大満足の家。「住まいの計画書」につけたタイトル「ナチュラルハーモニー」がぴったりの住まいに、「大変だったけど、子どもたちと『住まいづくりナビセンター』のおかげで完成することができました。主人も喜んでいると思います」(Tさん)。

Tさんご一家
住まいづくりデータ

Tさんの住まいづくり

*
住まいづくりのきっかけ 区画整理のための立ち退きで新しい住まいづくりが必要になった
気に入って暮らしていた家だったので、大きな不満はありませんでした。ただ、冬は寒いなど、機能面での不便さもこの際、解消したいとは考えていました。また、新しく建てるなら環境にやさしい住まいにしたいという思いもありました。
*
next専門家に相談することに
イメージ
住まいづくりナビセンターへ
住まいのナビゲーター
ひとこと
住まいのナビゲーターより

大きくなった
お子さんが3人
という家族構成で、微妙なタイミングでの建て替えでしたので、Tさんには当初「できるだけ小さな住まいにしたい」というお考えもあったようです。できあがった住まいを見て、1階に玄関やリビングなどのパブリックスペースを広くとり、2階には一人ひとりの個室と音楽を楽しむサロン的なスペースも設けるなど、家族の時間を大切にしながら外に向かって開かれた、Tさんご一家らしい住まいになったのではと感じました。

個室があっても、すぐにリビングに集まってしまうという仲のよいご家族ですが、お母様は和風、長女はシンプルナチュラル、次女はフレンチテイストと、インテリアの好みはまちまちでした。前の住まいがひとつの基準としてあったにせよ、全員が納得するものにまとめあげていくには、大変なご苦労があったと思います。女性中心の住まいづくりということでの心配も不安もあったことでしょう。そんな中で、「住まいづくりの計画書づくり」や「住まいのパートナー選び」を推進力としてお役立てくださったようで、とてもうれしく思います。

*
*
next設計期間next
Tさんの新しい住まいが完成
イメージ
こだわりのポイント

1.広々とした玄関
ちょっと立ち話、という方も腰掛けられるようにと、高くなったあがりがまちが特徴的な玄関。壁につけた手すりのおかげで、上り下りも楽にできます。天井近くに設けたライトがムーディな雰囲気に。お母様のフラワーアレンジも映えます。

内観 内装

2.テレビも庭も楽しめるリビング
「テレビを見ながら庭を見たい」というお母様と、「薄型TVは壁面でないと」という姉妹の意見が分かれたリビングのレイアウト。設計者の「お庭もテレビも、絵として両方楽しめばいかがですか」との提案に、一同納得、現在の配置になったとか。
内観
3.親子3人での調理が楽しいキッチン
「大きなキッチンで、みんなで作りながら、何か伝えられるものがあれば」というお母様の配慮から、キッチンカウンターは周囲に立ち上がりのないフラットなタイプに。お客様の多いTさん家では、配膳台としても活躍しています。

内観
 

内観内観

まずは無料のナビゲーションから

お電話でのご予約

ウェブでのご予約

ご予約・お問い合わせ

Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.