Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム> 【どんな洗面室にしたい?】―自分に合ったスタイルの洗面室を考えよう―
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

【どんな洗面室にしたい?】
‐自分に合ったスタイルの洗面室を考えよう‐


 これから家を建てようと考えている方に、新しい住まいに求めるものは何ですか?と尋ねると、「広くて明るいリビングダイニング」、「料理が楽しくなるキッチン」、「一日の疲れを癒すゆったりとした浴室」・・・と多くの方がお答えになります。住まいづくりにおけるテーマは人それぞれですが、意外と忘れがちなのが洗面室。「洗面室は、浴室の隣の洗面台と洗濯機が置かれている部屋」というくらいで、あまり考えずに済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか。
 洗面室は毎日必ず何度か使う場所です。洗面室を快適で機能的な場所にするかしないかは、暮らしやすさの大きな分かれ目になります。今回のコラムでは、洗面室に目を向けて、自分の暮らしに合った洗面室を考えるためのポイントをお伝えします。

●洗面室はどんな場所?


 では洗面室とは何をする場所でしょうか?「顔を洗う」「手を洗う」「歯を磨く」「ひげを剃る」「化粧する」「髪を整える」「脱衣する」「洗濯する」「洗濯物を干す」「つけおき洗いをする」・・・。洗面室では実に多くの行為が行われています。

■ 洗面室をとりまくさまざまな機能
洗面室を中心に、水回り空間の機能を整理すると、さまざまなスタイルの洗面空間を考えることができます。

 上の図を見ながら整理してみましょう。洗面室そのものが持つ機能に限定すると、「顔を洗う」「手を洗う」・・・など、自分を清めたり身なりを整えるための行為が主で、本来シンプルなものなのですが、昨今の住宅事情では洗面室のみを独立させて設けることは少なく、浴室の隣に位置して「脱衣」、家事室を兼ねて「洗濯・乾燥」、トイレの前室として「用を足した後の手洗い」などの機能が付加され、他の部屋と兼用するケースが多いのが実状です。
 普段、住まいづくりナビセンターでお客様からお話を伺っていますと、洗面室に対して、「狭くて、朝、家族が同時に使うのが大変」「収納が少なくて雑然としている」・・・等、実は不満を抱えている方が多いように感じます。それは、これらさまざまな機能を限られた空間につめこんだ結果、「何でも洗面室」になっているからではないでしょうか。多くの機能が混在する場所だからこそ、洗面室に求める機能を整理して、自分たちに合った快適な洗面空間を考えてみてはいかがでしょうか?

●浴室との関係

 多くのご家庭で浴室の隣に洗面室があり、洗面室が脱衣所を兼ねていると思います。そこで浴室を洗面室と切り離して考えてみましょう。切り離すことで、別に脱衣スペースが必要になってきますが、その分、キッチン脇や寝室のそばなど、洗面室の位置を家の中で柔軟に考えることができます。洗面室という部屋を設けず、廊下の一部などのオープンなスペースに洗面コーナーを設けるのもいいですね。脱衣機能がなくなれば外からの視線をあまり気にしなくていいので、大きな窓を設けて太陽光の入る明るい空間にすることも可能です。広いスペースがとれれば、大きな洗面ボウルや2つの水栓を設けることで、朝の忙しい時間帯でも家族で同時に使用することができます。
 
 また最近、設計の仕事を通して、ホテルのスイートルームのようなシンプルな水回りにしたいという要望をよくいただきます。すっきりと洗練された空間で自分自身を整える行為に集中したいということなのでしょう。たとえば、浴室と洗面室の境をガラスの仕切りとしたり、仕上材や色味を統一することで、お互いの空間が一体となり、省スペースでも広がりのある洗面空間とすることが可能です。照明を工夫することでホテルのような演出も可能ですね。


●トイレとの関係

 最近は住宅でも、洗面室と壁で隔てずトイレをオープンに設置するホテルスタイルも増えつつあります。トイレからお風呂に入るまでの一連の行為を同じ室内で行えるので、忙しい時に便利ですし省スペースとして有効です。ただ、誰かがトイレに入っていると洗面や浴室を使えない等、同時使用しづらいというデメリットがありますので、家族人数の多い場合には別に個室のトイレが必要になってくると思います。

●ユーティリティ (家事室) との関係

 洗面室に洗濯機を設置する場合が多くありますが、最近では洗面カウンターの下などに設置できるコンパクトなドラム式洗濯乾燥機もあり、デザイン的にもすっきりとさせることができます。洗面室とユーティリティを一体化する最大のメリットは省スペースです。限られた面積に洗面・洗濯の機能を組み込みつつ収納量も確保するため、洗濯機上部に収納をつくるなど、空いているスペースをできる限り有効に活用することがポイントです。
 
 次にユーティリティの機能を洗面室と切り離して考えてみましょう。より面積が必要になりますが、「洗濯機が邪魔」「洗濯物が常に干しっぱなし」という状態が無くなり、生活感をなるべく排除した快適な洗面空間をつくることが可能になります。また、掃除用流しやアイロン台を兼ねた作業台、室内干しスペースを設けるなど、ユーティリティ機能をもっと充実させることもできます。
 
 この他にもさまざまな洗面空間が考えられます。女性にとっては、「化粧」を洗面室で行うのか、あるいは寝室の鏡台で行うのかなどでも、洗面室の考え方が変わってきます。最近はデザインの良い洗面台が数多くありますので、個室の一角にオブジェのように、個人専用の洗面台を置くというケースもあります。バリアフリーの観点から、お年寄りのための洗面空間を別に設けることも増えてきています。
 
 いずれのスタイルにせよ広さには限界があるでしょうから、なるべく省スペースでありながらフレキシブルに空間を活用できるよう工夫することが大切です。
 
 洗面室は毎日使う空間ですし、自分を清めるという重要な場でもあります。豊かで気持ちのよい暮らしの実現のために、ぜひ自分たちに合った洗面空間について柔軟に考えていただければと思います。

[住まいのナビゲーター 村上 春奈]
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.