Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム> 【どんな洗面室にしたい?】―洗面室を計画する際のポイント―
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

【どんな洗面室にしたい?】
‐洗面室を計画する際のポイント‐


 「洗面室」というと本来、顔を洗う部屋ですが、実はさまざまなスタイルがあります。前回は、他の部屋との関係などから考える自分に合った洗面室のスタイルについてお話しましたので、今回は具体的に、洗面室を計画する際に皆さんに考えていただきたいポイントについてお伝えします。

●洗面台


 洗面室に欠かせないのが洗面台。マンションなどでは既製品のコンパクトな洗面ユニットが設置されている場合も多いですが、スペースがとれれば、広いカウンターのある洗面台を設置すると、洗濯物をたたむなど色々な作業の場所としても使え、また家族が同時に使えて便利です。通常、洗面ボウルは1個ですが、家族が多く使用時間帯が重なる場合は、ボウルや水栓を2個設けたり幅広のボウルにするといいでしょう。
 さて、皆さんは「洗面ボウル」というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?洗面ボウルには色々なタイプがあり、使い勝手も異なります。
 カウンター下に埋め込むアンダーカウンタータイプは、ボウルのフチがカウンター上に出ないので周りに跳ねた水の始末は楽ですが、カウンターとボウルの隙間を掃除しにくいという欠点があります。
 カウンター上からかぶせるオーバーカウンタータイプは、フチが表に出るため掃除はしやすいですが、外に跳ねた水をボウルの中に入れ水の始末をするのは容易ではありません。
 カウンター上に置くタイプは、ボウルのシルエットが見えるので美しく、最近は種類も増えてきました。カウンター面が低くなるので圧迫感は出ませんが、ボウルの裏側などが掃除しにくい場合もあるので大きさや形をチェックする必要があります。
 カウンターとボウルが一体成形されたタイプは、掃除もしやすく見た目もシンプルですが、人造大理石やまれに石やステンレス、ガラスなど、使用できる素材が限られます。
 洗面台を単独で置くタイプは場所もとらず見た目もシンプルですが、物を置く場所に気をつかうので周囲に収納を設けたいところです。外国製のきれいな洗面台を寝室の片隅に置いて自分専用で使う…こんなスタイルに憧れる方もいると思いますが、このタイプは狭い空間に置いてもあまり映えないので、ゆったりとしたスペースに置きたいものです。

 かつて「朝シャン」が流行った時期がありましたね。最近は朝、浴室でシャワーを浴びてしまう人が多いのか、以前ほど「洗面台で朝シャンしたい」という要望は多くないように感じますが、洗面台で洗髪したい人は蛇口が伸びるシャワー水栓や深めの大きな洗面ボウルを採用するようにしましょう。

●扉

 洗面室は浴室の隣にあることが多く、また洗濯機があったり洗濯物を室内干ししたりして湿気がたまりやすいので、換気対策には気を遣いたいところです。換気扇による機械換気を併用しながら、普段は戸を開け放して空気の流れを充分に確保するようにしましょう。洗面室に入る扉はドアより引き戸にしておくと、開け放した時、引き戸が壁に収まり、換気がしやすくおススメです。

●仕上げ

 洗面室の壁や天井は水が直接かかるわけではないので、浴室ほど気にすることはありませんが、多少水に強くカビがはえにくい仕上げ材を選びましょう。珪藻土などの左官材は表面がざらざらしていて水滴などを掃除しにくいものも多く、水回りには不向きと思われがちですが、吸放湿性が高く水分を吸収するので実は洗面室に適しています。また、浴室との仕切りを壁ではなく強化ガラスにすると、お互いの空間が広く明るく感じられ、部屋が狭い場合や窓のとれないマンションなどではたいへん有効です。
 床の仕上げは、水が垂れやすい場所ですので、育ち盛りの子供がいるお宅ではとくに気を遣いたいところです。ある程度水に強い素材というと、安価でクッション性もあるクッションフロアや長尺塩ビシート、質感のいいものではコルクタイルや籐の敷物、タイル貼、石貼などがあります。ただし、長尺塩ビシートは水で滑りやすいものもあるので注意して選びましょう。また、フローリングを選ぶ場合は水がしみ込みやすいものもあるので素材を吟味することも大切です。

●収納・鏡・照明

 洗面室には、歯ブラシや洗剤、化粧品、タオル、ドライヤー、ひげ剃りなど様々なものを収納する場所が必要です。洗面台の脇に設けたり、カウンターの下を利用したり、鏡の裏を利用するメディシンキャビネットもあります。実に雑多な物をしまう部屋ですので、キッチンと同じように、どこに何を入れるかをあらかじめ考え、入れる物に応じて場所や奥行などを細かく計画したいものです。
 鏡は洗面室の必須要素ですね。通常は洗面台の正面に設けますが、全身を映したい場合などは他の壁面などにも適宜、鏡をつけましょう。戸の裏側につけるのも一策です。
 照明は上から照らすだけでなく、鏡の正面の両側からも照らすと、顔に影が出にくくなります。また蛍光灯の青白い光だけだと、顔色が悪く見えて厚化粧の元になるので注意が必要です。自然な明かりとなるよう、温かみのある電球色を適度に混ぜるのがポイントです。以前、設計したお宅で、美容にこだわる奥様のリクエストにより「女優鏡」なるものをつくりました。正面から複数の照明で照らすと、顔に影がなくなり目もキラキラと輝きます。こんな明かりに照らされながらお化粧するのも女性の醍醐味かも?

●化粧の場

 皆さんは普段どこでお化粧をしていますか?デザインセンターでお客様によくお伺いするのですが、その答えは実にさまざまで、皆さん思い思いの場所でされているようです。
 まず「洗面室でお化粧する」という方がとても多いようです。髪を整えたりするのに水が必要という人は必然的に洗面室になるのでしょう。一方、洗面室だと日があまり入らず、厚化粧になるのを避けて、寝室やリビングダイニングなどの日の入る明るい所に腰を据えて化粧をするという方も案外多いようです。
 化粧のスタイルは人それぞれ、正解が一つということではありません。女性の方は、この機会にぜひ「自分を整える場=化粧の場」についてもじっくり考えていただければと思います。
美しくなりたい女性の憧れ?「女優鏡」

 後回しにされがちだけれど毎日使う、とても重要な洗面室。
 どんな洗面空間にしたいかイメージが沸いてきたら、自分たちの生活スタイルに合わせて、これまで整理してきたポイントを掘り下げていってみてください。新築や大がかりなリフォームということだけでなく、ちょっと照明器具や壁の仕上げを変えるだけでも、そこで過ごす時間が楽しくなるような洗面室になると思います。

[住まいのナビゲーター 村上 春奈]

Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.