Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム>温熱環境の工夫をしよう!!
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

住まいと暮らしの専門用語ナットクコラム
HOUSING COLUMN

【温熱環境の工夫をしよう!!】

~季節を楽しむ暮らし~

 部屋のどこでどんな熱がどのように伝わるのか、温熱環境の仕組みを理解して工夫することで、季節を楽しみながら快適な暮らしをすることができます。
 今回は、夏から秋にかけての温熱環境の工夫についてお話しましょう。

暑い夏を涼しく過ごすには…

 夏、住まいに直接熱を与えるのは日光です。あまり断熱されていない鉄筋コンクリート造のマンションで、日中の日射しで暖められた壁が夜になっても室内に熱を放射し続けるために、とても寝苦しくなることがあります。これはコンクリートに熱を貯めておく性質=蓄熱性能があるためです。
 新しく住まいを計画する場合には、断熱性能を高め、夏の日射遮蔽対策を考慮した設計が求められます。
 では日々の暮らしの中では、どのような工夫ができるでしょうか?

『緑のカーテン』にチャレンジしてみよう!!

 『緑のカーテン』とは日の良く当たる窓面や外壁にネットを張り、巻き付いて伸びるツル性の植物を育てて作る自然のカーテンのことです。窓や外壁面が太陽の熱を受けるのを防ぎ、バルコニーなどからの照り返しも防ぐことができます。そのため、できるだけ成長が早く、葉が大きく育つ種類を選ぶと効果的です。なお、安全のために台風などの強風時にはネットを外せるようにしておくことが必要です。
 また、人間が暑いときに汗をかくのと同じように、植物は根から吸収した水分を呼吸と共に葉から蒸発させる『蒸散作用』によって周りの空気の熱を奪うため、葉と葉の間を抜けて吹く風は涼しく、自然のエアコンになります。

『緑のカーテン』になるものは?

 冬の日照を確保するために『緑のカーテン』には1年草を選ぶことが多いのですが、どんな種類があるのでしょう?
 収穫を楽しみたい場合には、キュウリ、ゴーヤ、ミニトマトなどの実が食べられるもの、ヘチマ、ヒョウタンなど実を使って楽しめるものがあります。また、花や実の形を楽しみたい場合には、アサガオ、ユウガオ、フウセンカズラなどがあります。来年は植物が育つ時期も考えて種をまくなど準備をしましょう。

育てるのは大変…という場合は?

 植物を育てるのが苦手という方、花に集まる虫が苦手という方の場合には、同じように窓の外に影をつくる方法として、ヨシズやスダレをかけるという方法があります。窓の内側ではなく、外側に少し窓から離れた場所に掛けたほうが効果的です。さらに、霧吹きなどでヨシズやスダレを濡らしておくと植物の蒸散作用と似たような効果があります。
 ここでクイズです。どちらも冷房をしていない窓を閉めた部屋です。どちらが涼しいでしょうか?

 正解はAのスダレを掛けた場合です。
 Bの遮熱カーテンもある程度効果はありますが、カーテンは窓の室内側に掛けるため、窓からの熱が室内に伝わります。また、バルコニーにも熱が貯まってしまいます。
 一方、窓から離してスダレを掛けておくと、窓の外側とスダレの間のバルコニーが影になるので、外の熱を室内に伝えにくくします。照り返しも受けにくいため、こちらの方が涼しく感じます。

風通しは大切です

 暑さ寒さの感覚に影響する要素の1つに気流速度があります。風通しのよい住まいでは、多少汗をかいても風が通ることで汗の蒸発を促し体の熱を奪ってくれるので、過ごしやすく涼しく感じます。
 住まいの計画時には、計画地の季節毎の風向きや風速を考えて、窓の大きさや配置を決めていきますが、せっかく通風のよい住まいを建てても、家具などが風の通り道をじゃましては効果がありません。風の通りやすさを考えて家具を配置しましょう。

打ち水をするならいつごろがいいの?

 家に面した道やポーチ、バルコニーがある場合には、お風呂の残り水などで打ち水をするという方法があります。水をまいて日中に蓄えてしまった熱を冷ますことができます。ただし、打ち水は朝晩の少し涼しい時間帯に行う方が効果的です。日中の日向に水をまくと、まいた水が直接日光で蒸発して湿度が上がり、蒸し暑くなってしまいます。

ナイトパージ

 残暑厳しいときでも、日の照りつける日中より夜の方が外気温度は低いことがあります。夜、室内外の温度差を確認して外の方が涼しいときには、夜の冷えた空気を室内に取り込んで室内にこもった熱を冷ますとよいでしょう。これをナイトパージと言います。換気用の小窓を利用することもできますが、就寝中の防犯対策は必要です。もし外の方が暑い夜の場合には、外の熱を持った空気が室内に入らないように窓を閉めて、扇風機や除湿機などを上手に利用するとよいでしょう。

*

 いかがでしょうか?エアコンを利用するだけではなく、熱が室内に入るのを防ぐ、室内に溜まった熱を冷ます工夫をする、体感温度に影響する要素を利用するなど、夏も快適な温熱環境となるように工夫をして涼しく暮らしましょう。
 近年は「長期優良住宅」認定制度、「省エネ法」改正など、環境にやさしく長く住み続けるための政策が数多く打ち出されています。住まいを建て替えるときにはもちろん、日々の暮らしの中でも環境にやさしく長く住み続けるための工夫をしていきましょう。  

[住まいのナビゲーター 青木 千枝子]

ページTOPへ
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.