Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム>見学会に行ってみよう!!
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

【見学会に行ってみよう!!】

 みなさんは、住まいづくりのために見学会へ行かれたことはありますか?
 よく設計事務所を探すときの注意点についてご質問をいただくことがあるのですが、その際には、気になった設計事務所のオープンハウスや見学会があれば積極的に参加してみてください、とお話しています。どのような住まいを設計しているのか、実際に体験することができるからです。
 そこで、今回は『見学会に行ってみよう!!』というタイトルで、見学会の活用ポイントについてお話します。
●見学会を活用しよう!!

 見学会に出かけるときには、目的をまずはっきりさせておきましょう。設計事務所を探している方ならば設計者との相性を知ること、外観や内観のイメージを参考にしたい方ならば材料や工法を実際に確認すること、など見学会で何を得たいのか、しっかり把握しておくことが大切です。できれば複数の見学会に参加して、いろいろな面から比較してみるとよいでしょう。
 また、予約が必要な場合や紹介者が必要な場合もあるので、事前に確認をしましょう。
 なお、住まいは言うまでもなく、とてもプライベートな空間ですから、見学会に使わせてくださった建築主の方への配慮を忘れないようにしましょう。

●見学会に行く前に…

 まずは見学先の条件を確認しておきましょう。条件が違えば実際の住まいも異なる点が多くなります。家族構成、立地環境、生活スタイルなど、わかる範囲でメモしておくとよいでしょう。
 また、当日に設計者や建築主に質問したいこと、確認したいことなどもメモにまとめておきましょう。いろいろ見て回るうちに聞きそびれてしまったり、見落としてしまったりすることがあります。さらに事前に設計者に質問内容を伝えておくと、見学会当日、直接説明を聞くことができる場合もあります。

●見学会当日は…

 見学前にまとめておいた確認ポイントはしっかり見て記録しておきましょう。また、複数の見学会に参加する場合には、共通する質問や確認ポイントを用意しておくと比較しやすくなります。

<見学会でのポイント>
  • 自分が住んだときをイメージして、家の中をどう動くのかな?(動線)、住まいのお手入れはどうするのかな?(メンテナンス) など、具体的な暮らしのシーンを想像しながら見学してみましょう。
  • 建築主、設計者、施工者、それぞれの思い入れや工夫、苦労話など、なまの声を聞いておきましょう。
  • インテリアは家具などの有無で印象に違いが出てしまいます。入居前の家具がない状態では広く感じやすく、家具がはいると狭く感じられることが多いので、複数の見学会に参加して比較する場合には気をつけましょう。
  • 日当たりや通風、暑い⇔寒いといった感覚に関わる部分は、見学する季節や時間帯、天候などに影響を受けるので注意が必要です。
  • 床暖房やIHクッキングヒーターなど住まいの設備に関わるものは、見学会の段階では実際の状況はまだわかりません。使い勝手やメンテナンスの実態などに関する質問は避け、採用した理由などを質問するとよいでしょう。
<注意点>
手垢や汚れ対策としてスリッパや手袋などが用意されている場合があります。せっかくの新しい住まいを汚してしまわないように気をつけましょう。また、大きな荷物など室内に傷をつけてしまいそうなものはできるだけ避け、やむを得ない場合でも見学中は預ける、または支障のない場所に置いておくなどの配慮をしましょう。
持っていくとよいもの
クリックすると拡大します

●見学会から帰ったら…

 一緒に見学した家族と感想や意見を交わし、参加していない家族に報告しましょう。また、見学会でメモしたことを見直しながら、補足や感想を記録しておきましょう。撮影した写真があれば一緒に記録しておくと、後日参照するときにわかりやすくなります。
 
 
 最近は、防犯、地震対策 (耐震、免震)、防災、オール電化など、社会的に関心が高い項目を取り入れた住まいを紹介する見学会や、完成してしまうと直接見ることが少ない基礎や構造を見ることができる現場見学会・構造見学会というものも頻繁に行われるようになっています。また、住宅メーカーなどでは入居後数年経過した家の見学会を開催しており、実際に住んでいる方から、住み心地、メンテナンスの手間、アフターケアの体制など、新築時には聞けない質問をすることができます。
 
 実際に空間を体験することは、これからのみなさんの住まいづくりにとても役立つと思います。是非、気になる依頼先の見学会に参加できる機会がありましたら、積極的に出かけてみてください。きっと、住まいづくりのヒントをたくさん見つけることができるでしょう。


[住まいのナビゲーター 青木 千枝子]
見学会の情報の探し方
  1. HPやblog
    注意) 検索するときには「オープンハウス」「設計事務所」の2つの単語を検索キーワードにしましょう。
  2. 住宅関連雑誌
  3. 気になる設計事務所に見学会開催の案内を依頼
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.