Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム>カーテンのマーク
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

住まいと暮らしの専門用語ナットクコラム 住宅展示場へ行こう!
HOUSING COLUMN

【住宅展示場へ行こう!】

 秋の行楽シーズンとなりましたね。外出するには気持ちの良いこの季節、お近くの住宅展示場に行かれてはいかがですか?

 「住まいづくりナビセンター」でお客様のお話を伺っていると、展示場に行ってみたけれど、どの家も甲乙つけがたく、結局違いがよく分からなかった、というお話を伺うことが多々あります。
 今回のコラムでは、住宅展示場を見て廻る際、気に留めておいてほしいポイントについてお伝えしていきたいと思います。

実際の暮らしをイメージしながら見ましょう

 展示場のモデルハウスは延べ床面積が60坪前後で設備も豪華なものが多いようです。また、あらゆる提案を豊富に盛り込んでいるので、同じような家を建てようとすると、非常に高額になることがあるそうです。

 例えば何人もいっせいに靴が脱げそうな広い玄関。パーティもできそうなLDK。図面があれば見せてもらい、どのくらいの広さがあるのか、それは自分たちの暮らしや敷地と合っているのかを考えてみましょう。また、キッチンやお風呂、玄関ドアなどもグレードの高いものを使っていることが多いので、標準仕様ではどのようなものがあるのか、それともオプションということで別料金になるのかなどを確認しましょう。見た目の好みだけで判断するのではなく、自分達の暮らしに合っているのか、必要なのかを判断することが大切です。

価格について確認してみましょう

 モデルハウスでは坪単価で値段が表されていることがありますが、気をつけなければならないのは、坪単価だけでは家は建たない、ということです。
 坪単価で表されるのは、最低限家を建てるのに必要な本体工事費で、総費用の約70~75%と言われています。それ以外ではガス工事費などの付帯工事費、インテリアやエクステリア、冷暖房の工事代などの別途工事費、手続きや申請、税金などの諸経費などがあります。
 坪単価以外にどのくらいの金額がかかるのか、その内訳や、総額はどのくらいになるか等聞いてみましょう。

プロのアイデアをもらいましょう

 モデルハウスはさまざまなアイデアでいっぱいです。例えば暮らしのシーンや時間ごとに雰囲気を変えられる照明プランや、ちょっとしたところに設けた有効な収納スペースなどなど。
 気になるアイデアはメモして、気に入ったものは自分たちの新しい住まいづくりに生かしてみましょう。
 また、モデルハウスによっては、家族構成や生活スタイルなどテーマを持ってプランニングをしているところもあります。例えば二世帯やリタイア後の夫婦、男の隠れ家!など、様々ですので自分たちに合ったテーマを見つけ、どこにどのような工夫がされているか、見つけてみるのも参考になりそうですね。

実際に見て新しい暮らしをイメージしてみましょう

 実際に建っている建物を体験できるのは展示場ならではです。カタログやホームページを見るだけとは違い、広さや使いやすさ等を体感することができます。
 住宅メーカーでは自浄作用のある外壁や、濡れてもすぐ乾く浴室の床、火事に強い壁などさまざまな新しい技術を使って開発された商品を提案しています。展示場はそれらを実際に見たり、触って体験するチャンス。積極的にチェックしてみましょう。
 また、新しい住まいは当然のことですが、存在しない空間を打合せによって作り上げ、そこで家族が毎日を過ごすことになります。ですから展示場で実際の生活の中での動きを再現して、「ここは動きやすいね」「これは自分たち家族とは合わないかな」など、動作をシミュレーションしたり、話し合って、自分たちにとって住みやすい形とはどのようなものなのか、新しい暮らしを想像しながら考えてみましょう。

積極的に質問しましょう

 モデルハウスや、カタログを見るだけでは分かりづらいことをモデルハウスの担当者に積極的に質問して情報を得ましょう。またアフターサービスの体制やシステムなども確認しておきましょう。質問を通じてその企業の特徴も見えてくるかもしれません。

*

 展示場は様々な情報が得られる場所ですが、目的を持って見学したり、質問したりしないと目の前の豪華な建物に目を奪われ、結局収穫が得られなかったということになります。
 そうならない為にも、住宅メーカーの展示場に行って他の依頼先である工務店・設計事務所に比べて特化していることを確認したい、新しい住まいのイメージを明確にしたい、技術を見てみたいなど、目的意識を持って出かけましょう。
 そうやって有意義に情報収集をすることができれば、自分たち家族のスタイルや特徴、生活サイクルや将来のプランという、「住まいのイメージ」をきちんと把握するきっかけとなり、依頼先を決める際に相手に求める条件や質問事項などが明確になり、スムーズに進めることが可能になるのです。

 次回の住宅展示場見学会は、10月17日(土曜日)スマートハウジング豊洲まちなみ公園で行います。無記名で展示場を見て廻ることができますので、皆さま是非ご参加ください。

● 住まいづくりナビセンターでは「住まいの計画書づくり」サービスの中でイメージづくりをお手伝いします。ぜひご利用ください。

住まいづくりナビセンター

 夢のマイホームへの第一歩、この秋充実した第一歩を踏み出しましょう!

[住まいのナビゲーター]

ページTOPへ
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.