Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム>地盤を知る
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

【地盤を知る】

●地盤とは?

 建物を支えているもの、それが地盤です。
 造るなら、丈夫で安心な建物を…!と願う方は多いのですが、そのためにはまず、計画地の地盤を確認し、その性質に合った建物の構造や基礎の計画を立てることが重要です。頑丈な構造や基礎を誇る建物であっても、地盤の状況を考慮せずに計画すると、建物が傾いたり、歪んでひび割れが生じたり…といった問題が起きることもあります。
 今回は、地盤を知る手がかりや調査方法についてお話いたします。

●地盤調査

 地盤を知る方法として確実なのは、地盤調査です。
 調査方法は各種ありますが、目的や状況に応じて、それらを単独・または組合わせて行うことで、地盤の固さやその中身を客観的に、数字やデータで知ることができます。調査結果の考察には、多くのデータと地質に対する専門的知識が必要なので、経験豊富な調査業者に依頼する必要があります。
クリックすると拡大表示されます
 代表的な調査方法として、次の3つをご紹介します。

  • ハンドオーガーボーリング
    比較的浅い地盤(2m程度)の調査方法です。せん孔用工具をロッドの先端に取り付けて、人力により地中に回し込み、穴を掘る方法です。
  • スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)
    簡単な道具を使って、通常10mの深さまで調べることができます。住宅のための調査としては、よく用いられている方法です。
  • ロータリーボーリング
    特別な地層であったり、3階建て以上の建物を建てようとするときには必要な、本格的な調査方法です。
 いずれにしても、建物の計画段階で、地盤調査は必ず行わなければなりません。地盤の調査を怠ると、事故や不具合を起こすだけでなく、それらが発生した場合も、データ不足から適切な対策が取れなくなります。

●地盤調査以外の手がかり

 建物の計画には地盤調査が必要です。しかし、例えば土地購入を検討する場面などで、調査を待つ猶予がない場合もあります。そこで、地盤の良否を見分ける地盤調査以外の手がかりについて、簡単にご紹介します。
 
A)地形
 地盤の硬軟は、地形によって概ね決まります。また、含まれる水分量が多いほど柔らかく、少なければ硬くなります。一般に、高台は良好な地盤で、低地は軟弱というのが大きな傾向です。そして高台から低地へ下る斜面では、人工的な造成の精度が地盤の強度にかかわります。

地形や水を知る手がかりは、景観・地名・地図などから得られます。
(1) 景観
  低い場所、不安定な地形を示すランドマークに注目
  河川・水路・暗渠・擁壁・崖・坂・水田・調整池や池のある公園など
(2) 地名
  低地を示す字・水に係わる字があてがわれていないか?
   水辺)沼・沢・浦・浜
   低地)落・窪(久保)
   水田)田・新田・穂・籾
   湿地の動植物)稲・蓮・葦・鶴・鴨・鵜
(3) 地図
  「地形図」:等高線や土地利用状況などから地形を読む
  「土地条件図」:カラー分類表示された地形を読む

B)既存状況や履歴
 計画地や近隣の建物や地中の状況、土地の履歴(地歴)から、地盤の良否がわかる事があります。基礎や外壁の亀裂、地中から出てくる異物、扉の建付けや交通振動など、既存家屋の状況を見たり聞いたりして把握しましょう。また、一般に良好とされる地形でも、工場跡地や雑木林の造成など履歴によっては、地中に埋設物がある場合や土を掘り返したことで建物を支える部分の地盤の強度が弱くなっている場合などがあるので注意が必要です。
 
 これらの手がかりから、有効な地盤情報を知っても、計画の際には必ず調査をし、その結果に基づいた適切な対策や設計を考えましょう。
 足元の正しい状況把握は、大切な始めの一歩です。仮に地盤が悪くても、事前に知って手当てをすれば、良好な建物を建てることができます。地盤を知って、安心して住める家づくりを行うことをお勧めします。


[住まいのナビゲーター 村上 まみ]
クリックすると拡大表示されます
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.