Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>ナビプログラム>ナビゲーター紹介>インタビュー記事:村上まみ
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいのナビゲーター:インタビュー

住まいのナビゲーター:田中哉子さん

ストレートな内容も穏やかな語り口で語られると、すっと納得できるから不思議。「結構ガンコです」とはご本人の評。

住まいのナビゲーター:村上まみさん

ナビゲーターからは
どんなサポートが受けられますか?

 住まいづくりの“はじめの一歩”をサポートしてくれるのが「住まいのナビゲーター」。では実際にはどんなことをしてくれるのでしょうか。具体的な内容について、ナビゲーターの村上まみさんに教えてもらいました。

まずは気軽に受けられる「ナビゲーション」で状況や問題を整理

 「住まいのナビゲーター」に相談したい場合は、まず「ナビゲーション」を予約してください。

 「住まいのナビゲーターに相談したいと来館される方は、家づくりに関して知りたいことや困っていることをお持ちですが、その内容は人それぞれ。ですから、まずはお客様の状況をナビゲーターがお伺いして、どんな住まいづくりの進め方がふさわしいのか、お客様と一緒に考えるのがナビゲーションです」と村上さん。

 ナビゲーションでは、住宅を建てる予定の有無や、そのための土地があるかどうかといった基本的な項目のほか、住まいづくりを始めたきっかけや、今まで住まいづくりのためにどんなことをしてきたかなどについても話してもらい、お客様が住まいづくりにおいてどの段階にいるのか、どんな問題を抱えているのかを整理していきます。
 ここで発揮されるのが、自らも専門家として数多くの住まいづくりを手がけ、また、さまざまなケースの相談にあたってきたナビゲーターたちの“プロの目”。
 「たとえば、住まいづくりのきっかけなら、実家が古くなったので建て替えることになったからとか、子供がそろそろ小学校に上がるからといった表向きのきっかけを答える方がほとんどですが、その背景には二世帯同居や、土地探しの苦労などの問題があったりします。そこを見逃さずにていねいに聞いていくことで、お客様にとって本当に必要なサポートが見えてくるのです」(村上さん)

住まいづくりの段階に応じて次のサポートを提案

 ナビゲーションだけで終わることもできますが、希望すれば、その次の段階として、住まいづくりのために必要な情報を提供してもらえる「住まいの情報提供」(無料)や、建築資金や登記・不動産にかかわる法律相談ができる「住まいづくり相談」(無料)、そして理想の住まいについてナビゲーターと一緒に具体的に1冊のファイルにまとめる「住まいの計画書づくり」(有料)といったサービスが受けられます。
 「どのサポートが適切かは、お客様がどの段階にいらっしゃるかによります。例えば、本やインターネットなどで情報収集を始めたばかりで何から手をつけてよいかわからないという方には、まず『住まいづくり相談』を利用して住まいづくりにかかる総費用や、借り入れ計画の立て方などの具体的な相談をしたり、『住まいの情報提供』サービスでご自分に今必要な情報を集めた後で、ご希望があれば『住まいの計画書づくり』に進むことをおすすめします。
 また、実際に住宅展示場に行くなど行動を起こしてみて、住宅メーカーがそれぞれが都合のいいことを言うのでわからなくなってしまったというような方には、自分たちがどんな住まいづくりをしたいかをはっきりさせることのできる『住まいの計画書づくり』がお役に立つと思います」と村上さんは言います。
 「住まいづくり相談」はお金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が担当しますが、住まいづくりナビセンターの特徴は、FPとナビゲーターがコミュニケーションをとりあい、必要に応じてお客様の情報を共有していること。初回のナビゲーションでナビゲーターが把握した内容はFPに伝えられているので、スムーズに相談ができます。また、FPが回答した内容もナビゲーターにフィードバックされるため、その後「住まいの計画書づくり」に進んだ場合も、予算規模に合った現実的なアドバイスが受けられるのです。

希望があればアフターフォローも

 住まいづくりナビセンターのサービスは、いずれも特定の依頼先とお客様を結ぶものではなく、依頼先を選ぶ前段階までのサポートですが、「住まいの計画書づくり」を終えた後、依頼先が決まるまでの間や、依頼先が決まった後の進め方などで第3者のプロの意見を聞きたいという場合は、個別の課題に対して「住まいのコンサルティング」(有料)を受けることができます。
 また、オプションとして、「住まいの計画書」を作成されたお客様の中でご希望があれば、良質で安全な住まいを提供する複数の住宅メーカーを紹介し、その中から最適なパートナーを見つけるお手伝いをする「住まいづくりのパートナー選び」(有料)というサービスも開始しました。
 「新サービスの『住まいづくりのパートナー選び』は、いわば“結婚を前提としたおつきあいができるかどうか見極める”場を提供するもの。仲人がいればお断りもできるでしょう(笑)。住まいづくりナビセンターや私たちナビゲーターが中立の立場であるからこそできるサービスだと思います」(村上さん)

構造模型やパネルなど豊富な展示物などを使って、お客様に必要な住まいづくりに関する情報を提供する「住まいの情報提供」サービス。1項目につき約15分、料金は無料です。
→ 「住まいづくりナビセンター」のサービス詳細はこちら
 

ナビゲーターfile3
村上まみさん

撮影/大槻夏路
取材協力/月刊『からだにいいこと』編集部
月刊 からだにいいこと
ページTOPへ
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.